2-6-2の法則

カテゴリー的には仕事覧かも知れませんが、昆虫の話題なので趣味の覧にしました。
ビジネス書でも有名だった、堀場製作所の堀場雅夫氏著作の“仕事のできる人できない人”に2-6-2の法則というタイトルがあります。10名~程度の組織を組むと優秀な人が2割、ダメな人が2割、その中間的人が6割の比率で分けられてくるといった内容でした。優秀な人ばかり集めて組織を作っても又その中で2-6-2の状態になり、ダメな人でも同じということでした。
何気なく記憶していましたがそれから数年経った頃、とある学会から“働きアリの生態”の発表で2-6-2の法則を言っていました。アリの世界でもよく働くアリもいれば、働かないアリもいるようですが、その比率が人間といっしょだったのです。もしかすると、総ての生き物に共通しているのかも知れません。
私自身振り返ってみると、上位の2割(中学3年生)に所属していたこともありますが、下位の2割(中3以外は殆ど)に所属していたこともあります。

Follow me!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    目次